fbpx

DAYTONA HOUSE✕LDK デイトナハウス

MENU

KARUIZAWA MODEL HOUSE PROJECT

遂に軽井沢に出現する
高床式リゾートハウス

森の中にフワリと浮かぶ高床式

軽井沢の西部に位置する追分は、海抜1000m。
湿気の多い旧軽井沢エリアのイメージとは違って、風が通り抜ける爽やかな場所です。
その森の中に、この度デイトナハウスのモデルハウス(販売目的)の建築が始まりました。
建物の形状は『TYPE-F(改)』。お馴染みの高床式を駆使した平屋の拡大バージョンです。

この地域の建蔽率は20%。敷地面積は300坪。
当然ながら敷地内には原生の楢や白樺などの木々が生えています。
一般に軽井沢での建築に際して、地元業者はそれらの木々をほとんど伐採、伐根して宅地にします。
しかし、今回はできるだけ原生の木々を残して建築しようという意図を持っています。
コンクリートをほとんど使わない高床式鉄骨建築ですから、地球にやさしい、環境と共存するイメージを最大限に表現しているのです。

コロナで軽井沢の意味は激変したが
デイトナハウスにとっては想定内

コロナパニックによるソーシャルディスタンスのルール化は、都市へ過剰に集中していた様々な“価値”が再び周辺へ分散化することに拍車をかけています。すでに始まっていた兆候に“加速”が付いて“別荘地”としての軽井沢の位置づけも劇的に変化しています。そもそも東京から新幹線で1時間、自動車でも2時間余りの距離感。レストランや書店など文化的インフラのハイレベルな集積。そしてそれに加えて、いわゆるテレワークの普及がデュアルライフも含めた“居住地としての軽井沢”を今、新たに浮かび上がらせているのです。

デイトナハウスの場合、既存の交通インフラに頼らず、自ら自由に移動を楽しむ“遊動民のモーターライフ”をテーマにしているので、この社会の変化はむしろ想定内なのです。

ミッドセンチュリーデザインの
作法をフルスイングで表現

高床式が際立たせる建物のプロポーションは、大きく張り出したデッキスペースの効果で最も美しい“縦横比率”を実現しています。また、天井仕上げがガラス一枚隔ててそのまま庇に伸びていく技法“スルー”を随所に散りばめて、自然との一体感を強調。これぞ正統派ミッドセンチュリーデザインの開放感です。でも夜はドイツ、ヴァレーマ社の外部ブラインドでプライバシーをあくまで美しく完全確保。軽井沢という土地の価値や豊かさを、この建物は更に増幅して感じさせてくれることでしょう。

天井には外部への指向性が庇に連続していく木板を貼り、床には蓄熱性能の高い大判タイルを張る。この仕上げの逆転がミッドセンチュリー独特の作法。隣家と接する側の壁面の開口部はハイサイドライトのみにして、壁面の大谷石の和の質量感を楽しむ——。そんな軽快感と重厚感のコントラストが双方の特長を際立たせています。

 

FLOOR PLAN

少しずれながら二段になって建物にリズムを与えている木製デッキ。その面積比率がよくわかる平面図。開放感のあるリビングルームの対極の側には、ベッドルームとガレージを配置。クルマ、バイクのみならず、アウトドアスポーツの各種ギア類も格納できる至福のインナーガレージとなっています。

 

 

見学予約申し込み・お問い合わせフォーム

モデルハウス見学予約のお申込み・お問い合わせなどをご希望の方は以下のフォームにご入力をお願い致します。

内容に間違いがなければ「送信」をクリックしてください。

お問い合わせいただきありがとうございました。
内容確認後、担当者からご連絡させていただきます。
もし数日経っても返信がない場合には、お手数ですがお電話にてお問い合わせください。

トップページに戻る

必須は必須項目です。

お名前必須
年齢必須
性別必須
メールアドレス必須
メールアドレス(確認用)必須
ご職業必須
郵便番号必須
住所自動入力
ご住所必須
電話番号必須
携帯番号
見学理由をお聞かせ下さい
何を見てこちらのページへ来ていただけましたか?(複数回答可)必須

「その他」をご選択頂いた方は、お手数ですが下記へ理由をご記入お願い致します。

見学を希望される時間帯(第一希望)
10:00〜11:00〜13:00〜14:00〜15:00〜
見学を希望される時間帯(第二希望)
10:00〜11:00〜13:00〜14:00〜15:00〜
見学を希望される時間帯(第三希望)
10:00〜11:00〜13:00〜14:00〜15:00〜
お問い合わせ内容(見学ご希望の方は希望日・時間をご記入ください)