DAYTONA HOUSE✕LDK デイトナハウス

MENU

concept骨を楽しみ、人生を楽しむ家

骨格はクルマやバイク、そして人間や住宅にとっても、最も大事な要素だと言えます。
他のすべてのモノは、骨があるから機能する。
それが分かっているから、デイトナハウスは骨格から開発を始めました。
「家を支え、暮らしを支える」。
その重要な役割を背負うことを使命に設計された軽量鉄骨建築システム『LGS』は、
醸し出す存在感や質感が他のどんな建材とも異なっています。
“鉄”は昔から様々な道具に使われて来ましたが、一般住宅用建材としては“木”を超える存在ではありませんでした。
しかしデイトナハウスは家の骨格としてのメリットをこの“鉄”に見いだし、これまでにはなかった住宅の在り方を創造しました。
それは今までの住宅像を覆す、まったく新しい建築のカタチなのです。

WHAT’S DAYTONA HOUSE?

デイトナハウス×LDKの最大の特徴は、軽量鉄骨システム『LGS』を採用している事です。“柱”と“梁”を使って軸組を作っていく一般的な建築とは違って、デイトナハウスはこのLGS パネルを連結することで住宅、ガレージ、別荘、店舗、マンションなどの様々な建築を可能としています。部材はすべて同じですから、精度の監理がしやすく、ローコスト&スピーディに生産することができますし、パネル枚数で建物の姿や規模なども連想しやすいのもメリットです。

STORE&OFFICE『店舗』

LGSのフレームを利用したガラス外壁のメリットを活かすと、店舗建築にも最適な建築工法となります。ローコスト、短工期、シャープな外観、内部の程よいスケルトン感など、店舗建築に必要な要素が高次元でバランスよく実現できるからです。大きなガラスをファサード(建物正面)に配置することで、外部から見る天井の骨組みが印象的なのも大きな特徴です。デイトナハウスの店舗バージョンは、いろんな可能性を秘めています。

DETACHED HOUSE『住宅』

LGSシステムは、敷地形状に合わせて様々なタイプのパネルを組み合わせた住宅を作ることができます。大きなガラス開口部をLGSパネルを利用しながら作るので、アルミサッシなどの不当に高いコストから解放され、印象的な外観をリーズナブルに形成できるのです。骨組みのパウダーコーティングを白にすると、やさしい印象の鉄骨住宅が出来上がります。このように住まい手の好みに合わせてデザインを変えられるのもデイトナハウス×LDKの特徴です。

HOUSING COMPLEX『集合住宅』

デイトナハウスは、もちろんマンションやアパートも得意分野。軽量鉄骨の法律的な制約は3階建てまで延べ床面積、500㎡までというもの。したがって、その範囲内であれば、十分な規模の賃貸住宅が可能です。艶消し…

RESORT&VILLA『別荘』

1950年代アメリカ西海岸のミッドセンチュリーデザインを踏襲して開発されたLGS システムは、本来平屋の別荘にぴったりの建築工法です。細い庇(ひさし)の一直線のラインやスチールサッシのシャープな印象は…

LGSシステムって何だ?

デイトナハウス×LDKの最大の特徴は、軽量鉄骨システム『LGS』を採用している事です。“柱”と“梁”を使って軸組を作っていく一般的な建築とは違って、デイトナハウスはこのLGS パネルを連結することで住宅、ガレージ、別荘、店舗、マンションなどの様々な建築を可能としています。部材はすべて同じですから、精度の監理がしやすく、ローコスト&スピーディに生産することができますし、パネル枚数で建物の姿や規模なども連想しやすいのもメリットです。