DAYTONA HOUSE✕LDK デイトナハウス

MENU

CONCEPT骨を楽しみ、人生を楽しむ家

WHAT’S DAYTONA HOUSE?

月刊誌デイトナとLDKが提案する新しい建築のカタチ

DAYTONA HOUSE✕LDKとは?

様々な住宅やガレージの魅力を特集してきた月刊誌『デイトナ』と、建築プロデュース会社『LDK』がタッグを組み開発。LGSと呼ばれる単一のパーツを連結していくことで、様々な用途の建築を作り上げてしまう 全く新しい考えで、パーツそれぞれの素材感や鉄感を最大限表現することで、余分な虚飾を廃した骨格の力強さをそのまま空間に形成できるのが魅力となっています。

 

 

DAYTONA HOUSE✕LDKを根幹を成す『LGSパネル』

 

まずデイトナハウス✕LDKを理解して貰うためには、『LGSパネル』という重要なパーツと、それをどのように使っているのかを知っていただくのがポイントになります。
LGSパネルとは、デイトナハウスの建築システムの基本単位になる軽量鉄骨のパネルです。厚さ 3.2mm、幅 12.5cm、厚み 5cmの『Cチャンネル』と呼ばれる部材を、横幅 180cm、縦 270cmの長方形に溶接して作ります。対角線のクロスしたパーツは『ブレース』と呼ばれる筋交いで、力の伝達を受け持つ大切な部分です。
デイトナハウスは、この基本の形を連結することで住宅、ガレージ、別荘、店 舗、マンションなどの様々な建築を作っていく全く新しい建築のカタチなのです。パネルの枚数を数えるだけで、建築の広さ、およその予算がイメージできる分かりやすさと、パウダーコーティングが施されたその鉄の素材感が醸し出すハードボイルドな空間のテイストが持ち味なのです。


 

 

多種多様な建築を作るためには単一のパーツを連結するだけ!

一般の建築は、“柱”と“梁”と呼ばれる縦と横の部材を使って、軸組を作っていくのですが、LGSシステムでは柱梁は単独では存在しません。隣のパネルと繋ぎ合わされたとき、初めてその一辺が柱になるのです。
つまり同じ部材の連続が、多種多様な建築を作り上げていくシステムなのです。

部材はすべて同じですから、精度の監理がしやすく、ローコスト、スピーディに生産することが可能ですし、パネル枚数で建物のカタチや値段、ライフスタイルも連想しやすいのもメリットと言えます。

 

 

 LGSシステム パターン例

 

CASE 1

畳二枚分の最小単位建築

茶道の世界でも畳二枚の大きさを最小単位としています。この最小単位を意識しているのは日本人だけかもしれません。極端な話、LGSパネル4枚あれば、人間は雨風を凌いで生きていけるという哲学的なカタチが構成できます。この最小単位を少し意識することで、必要にして十分な自分の空間をイメージすることができるのです。

 

CASE 2

アメリカ的な郊外型のフラットハウス

フラットハウス(平屋)においても、シャープでソリッドな建築フォルムを実現可能です。これはもともと50年代のアメリカ西海岸の実験住宅群『ケーススタディハウス』に触発されて、建築構造の規制が厳しい日本で同じテイストを実現するために開発されたからです。郊外型住宅やウィークエンドハウス(別荘)など、外部の自然と一体になった美しいラインの骨組みの原型です。

 

CASE 3

3階建てのガレージハウス

LGSシステムは、軽量鉄骨造に分類されるので、建築基準法では3F建てまでが可能範囲です。いわゆる“うなぎの寝床”状態の都市型敷地で、インナーガレージ付きの住宅を形成するカタチ。建物の一番奥にらせん階段を設置して、屋上まで続くコアを作る。ちなみに最上部に設けられた方丈(パネル4枚の箱)は、階段室となっています。