DAYTONA HOUSE✕LDK デイトナハウス

MENU

EXTERIOR

デザインと機能が両立した
横長比率の美しいプロポーション

“美しい平屋”をテーマに生まれた
新感覚の規格住宅

一般的な2F建ての住宅をあえて選ばず、平屋を選ぶ。そこには住み手の意思とテーマが必要だと私たちは考えます。“美しい平屋”その実現のために、独自のノウハウやデザイン手法を駆使して誕生したのが『TYPE-F』です。直線的な庇(ひさし)のライン、外部の自然へと繫がる開放感、建物のプロポーションなど、綿密に考え尽くしました。住み手のこだわりを裏切らない、高品質の規格住宅が実現です。デザインとしては、1950年代アメリカ西海岸のムーブメント “ミッドセンチュリースタイル”の作法を踏襲しています。居住性能に優れ、しかも美しい。この両立を実感してください。

崖に張り出すように自然との一体感を満喫できるベランダは新たな空間を創造。一見水平に見えている屋根ですが、実はこれは最小限の勾配が付いている“切妻屋根”。緩勾配が可能なのは、屋根をシート防水を独自のノウハウで施工しているからなのです。豊富な実績に裏打ちされたデイトナハウス×LDKならではの精度の高い技術。デザインと機能の両立がここにも垣間見えます。

ファンズワース邸に見る
“ふわり”と浮かぶ高床式建築

“美しい平屋”の代名詞となっている、ミース・ファンデルローエの『ファンズワース邸』。TYPE‒Fは、この古典的名作のプロポーションの美学を踏襲しています。そのエッセンスは、建物外観の“縦横比率”を整える工夫とデザインにあります。

擁壁工事を必要としない画期的工法『スパイキーLGS』

敷地に少しでも傾斜があると、コンクリートで擁壁(ようへき)を作ることを要求される日本の住宅事情。その中にあってTYPE‒Fは、擁壁工事を必要としない画期的工法を用いているので、工期とコスト面で大きなメリットが生まれます。傾斜地における一般的な擁壁工事には、時間も費用も掛かりますが、デイトナハウス×LDKの『スパイキーLGS工法』は難題であった傾斜地をプラスαの魅力に変化させてしまうのです。